ハンドメイドの値段設定はどうやって決めてる?

ハンドメイド作品を販売する時

誰もが悩む「値段設定」

みんなどうやって決めてるの?

って思っちゃいますよね💦

この疑問を解決するために
自分の利益も出し
お客様にも納得してもらえる
値段設定について
詳しく解説いたします。

少しでも値段設定の
ヒントになれば幸いです。

目次

赤字にならず利益を出すポイント

利益を出すためには
原価計算をして

原価と原価率を正確に把握する

それが、ポイントです。

自分のハンドメイド商品
原価はいくらか知っていますか?

商品を作って販売するとき
値段を決めるには
原価がどれくらいかかっているのか?
知っておく必要があります。

なぜなら
原価が値段設定の目安になるからです。

こっこ

原価を簡単に計算できるアプリを使うと便利だよ♪

原価と原価率

原価には何が含まれる?

ハンドメイド商品の原価に
含まれる重要なものは3つ

  • 材料費:商品を作った材料の金額
  • 交通費:資材購入にかかった交通費や送料
  • 梱包費:商品を梱包する全ての資材(カードやお手紙なども含む)

見落としている原価
ありませんか?
商品の材料だけでなく、
それにかかわる費用も
全て原価に含める必要があります。

こっこ

事業拡大を考えている作家さんは、後に外注するための人件費をさらに加える必要があります。

原価率とはなに?

販売する値段のうち
原価が占める割合を
“原価率”といいます。

業態ごとに原価・人件費・経費など
割合には特徴があり
原価率は異なりますが

一般的な原価率は30%
と言われています。

原価率の求め方

原価率 = 原価 ÷ 販売価格 × 100

原価率が高いとどうなるか?

たとえば、原価500円を800円で販売した場合の原価率は、「500(原価)÷800(販売価格)×100=約62%」となります。原価率の数値が高いほど利益を出しにくいため、下げるための工夫をしなくてはなりません。

こっこ

光熱費など目に見えない経費もあるので、この場合だと利益が残りません💦

値段設定は原価の何倍がよい?

一般的に「売値は原価の3倍」と
言われているように
ハンドメイド商品の場合も
利益を考えて値段を付けるのなら

原価の3倍~4倍が相場

と言われています。

さきほどの例で計算すると
原価500円の商品は
1500円〜2000円くらいが妥当
となります。

このように
「原価を正確に把握する」という
ポイントを踏まえた上で
ハンドメイド商品の値段を決めます。

相場より価格が高くなったら

値段設定が相場よりもはるかに高い場合は、商品に使っている材料費を見直しましょう。

納得する時間給の設定

細かく計算すれば
他にも経費がかかりますが💦

ハンドメイドを副業でする場合
販売価格から原価や手数料などを
引いた残りが利益となります。

その利益は
納得する金額になってますか?

原価500円の価格設定を
1500円〜2000円が妥当でも
製作時間2時間を越えると
時間給は1000円以下

( ノД`)シクシク…

このような場合
販売価格は平均相場にまだ
届いてないなら
自分で納得できる時給分が
もらえる位の価格まで上げてみましょう。

こっこ

作成時間が大幅に必要な場合は「売ることを辞める」という選択肢も必要です。

製作時間がかさんで利益が見込めなかったり、赤字の場合は販売や作成自体を見直す必要があります。

まとめ

値段設定は原価の3〜4倍が基本

時給分に納得出来るなら作り
割に合わなければ作らない
という選択も必要です。

ハンドメイドを副業にする場合
色々と細かく設定すると
考える時間や更新作業などに
時間をとられてしまうので
単純に値段設定ができると
作業がはかどります!

私の値段設定の例

こっこ

私は店ごとに値段を変えるのは面倒なので、販売手数料などの諸経費を一律100円~200円と決め、計算で求めた値段+αで最終的な値段を決めてます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
とっぷ
目次
閉じる